ジェネリック医薬品

 

JUGEMテーマ:健康

 

最近はジェネリック医薬品が浸透して、薬局で勧められることも多くなりました。

というより積極的に推してきますよね。

値段が安くて、効果も同じと言われるのでジェネリックを利用していました。

でも後発薬だからと、先発薬と同じ効果があってあれだけ値段が安いのはちょっと疑問でした。

わたしの場合は別にジェネリックに変えても効果の違いや副作用など問題がなかったのであまり気にしていませんでしたが、ちょっと前からジェネリックについてのデメリットなどの問題を目にするようになりました。

そうですよね、全く同じ薬で全く同じ効果だったら先発薬が全く売れなくなるはずですよね。

 

薬局では全然変わらないと言われますが、有効成分が含まれていて先発薬と差がないというだけのようです。

±20%の差であれば先発薬との効果の差があっても有効性は同じと見なされるわけです。

確かにジェネリックと先発薬では大きさ、形状が違うし、添加物などは同じではないですよね。

そうなると同じぐらい有効成分が含まれていたとしても、体内に吸収される場所とか時間とか違いがありそうです。

以前にジェネリック薬に変えたら、アレルギーが出たという話を聞いたこともあります。

どう考えても先発薬のほうが安心といえば安心、でも続けて服用する薬は安い方がありがたいのも事実。

 

それに国としても医療費を抑えるために薬局に対して、ジェネリックを勧めるように指導しているようです。

薬局のほうもジェネリックのほうが利益が出る仕組みになってるようです。

だからジェネリック、ジェネリックと言ってくるのですね。

 

わたしの場合はメンタル系の薬は飲まなくても良いぐらいのものなのでジェネリックを利用していて、心房細動関連の薬はジェネリックがなくて、血圧の薬もジェネリックでした。

他の薬がジェネリックだったので、血圧の薬もジェネリックで良いと薬局の人も思ったのだろうし、わたしも軽く聞かれたかもしれませんが覚えていなくて、ジェネリックだということをしばらく認識していませんでした。

で、薬飲んでるのにあまり血圧が下がらないし、不整脈を防ぐ効果もあるのに不整脈を時々感じるし、少し前に先発薬に変えてもらいました。

まぁメンタル面に問題アリだから、プラセボ効果に近いかもしれませんが先発薬に変えてからあきらかに調子が良くなりました。

たぶんそれまで飲んでいたジェネリックより効果が強いのか、飲み始めはちょっとふらっとしたり副作用っぽいものを感じましたがそれもしばらくしたらなくなりました。

 

これからは薬局でよく確認して、ジェネリックと先発薬を使い分けることも大切なのかなと思いました。

発作を抑えるとか、そういう系のお薬は先発薬のほうが安心かもしれません。

複数のジェネリックが存在するお薬も多くて、このお薬はジェネリックでもあまり変わらないとか、これは先発薬のほうが安心とかそういう情報があれば患者の立場としてはありがたいのにな、と思います。

 

 

スポンサーリンク