なんで怖くないものが怖いんだろう…

 

JUGEMテーマ:メンタルヘルス

 

最近、つくづく思います。

自分が弱すぎるんですね、きっと。

 

血圧計は怖くない、血圧を計ることは怖くない。

でもその結果を考えてしまって怖くなるんです。

 

何も悪いことはしていないのに、スマホの着信音にドキッとしたり、内容証明などの手紙が届くと動揺したり。

最初に心房細動を起こした駅のホームにいると、ドキドキしてきて不安になります。

 

結局あの時あの人からのメールの内容に動揺したから着信音が怖くなった、手紙を読んで動揺したから手紙が届くのが怖くなった…

なんか考え方がそういう風になってしまっているというか、脳がそう認識してしまっているというか。

 

マインドフルネスをちょっとかじって、今に集中しようと心がけていても、気がつくと過去に囚われていたり、未来を考え不安になったり。

まだまだダメだ。

 

もともと傷つきやすくて、人から嫌われたくない気持ちが強かったのだと思う。

歳を重ねてだいぶ図太くなってきたと思うのだけれど、やっぱりすぐ傷ついてしまう。

傷つきたくないから、人付き合いが億劫になってしまう。

これ、まずいですよね、これからどんどん歳をとって孤独になっていくだろうに…

ふぁー、めちゃくちゃマイナス思考だ。

季節のせいかな。

 

 

スポンサーリンク