パニック発作

 

JUGEMテーマ:メンタルヘルス

 

先日ネットサーフィンをしていて、パニック障害を薬なしで治した(正確には完治というわけではないようですが)という方のブログを見つけました。

薬なしなんて凄いです。

 

わたしもはじめの頃は、病院に行かずに不安感に耐えていたのですが、発作はそれほど頻繁ではありませんでした。

その方は毎日だったそう。

一度、明け方に動悸と過呼吸のような症状が酷くて、救急で受診したことがあるのですが、その時は当直のお医者さんに発作性上室性頻拍と言われました。

たぶんパニック障害の発作では心電図に異常は出ないと思うので、その頃から不整脈の傾向があったのかもしれません。

医者にかかりだしてからは、抗不安薬を飲むと落ち着くのでパニック障害の発作だと思っていました。

昨年なった心房細動は、抗不安薬も全然効かなかったし、明らかにいつもと違ったのでパニック発作とは関係ないと思います。

でもストレスが原因だったり、睡眠不足が原因だったり、やはり心と体はつながっているというか、長年の不安感が不整脈を引き起こしたのではないかと思います。

ここ何年かは、何か症状があっても心理的なものだと思い対処してきましたが、やはり歳と共に体への負担も考えなくてはいけないと実感しています。

 

わたしの場合は、血圧が上がることが原因でパニックになることが多いので何とも言えませんが、普通の時の血圧は標準値でもパニック発作を起こしているときはすごいことになっていると思うんです。

それほど頻繁じゃなくても、20年も続いていたら心臓にも負担かかりますよね。。。

高血圧の家系なので、だんだん普通の時の血圧も上がってきていたのかもしれません。

血圧を計るのがストレスって本当に厄介。

毎朝計り始めたら、明らかに調子悪くなって不安感も強くなったから、医者と相談して気が向いたときに時々計るのでいいんじゃないかということになりました。

一応血圧の薬飲んでいることだし、あまり神経質になるのも逆効果ですね。

なんだかこんな自分が情けないです。

 

スポンサードリンク